各種無線機器・広帯域受信機専門店
アロックス 営業時間10:00~18:00
日・祭日は17:00まで
定休日 木曜日

電話:088-833-0366
 商品代金20,000円以上送料無料

DJ-X11・広帯域受信機



DJ-X11の拡大写真
DJ-X11の特徴
★内臓バーアンテナとイヤホンアンテナでAM/FM放送を受信
アンテナ端子に外部アンテナを接続すれば短波帯の受信も楽しめます。
★幅61x高さ106x奥行き38mm、235gのコンパクト軽量ボディ。
★大型ドットマトリックス液晶で、JIS水準の漢字全てを含む文字、記号や絵文字を表示。
ワイドバンドをオールモードでカバー、人気のバンドでは2波同時受信もOK!
0.05MHz~1299.995MHz、長波帯(LF)から極超短波帯(UHF)までをSSB/CW/AM/FM/WFMでカバー。メインバンドVFOで0.05 ~1300MHzを連続受信する他、サブバンドの受信周波数VHF:118~171MHz/UHF:336~470MHz(拡張サブバンド225~336MHz/保証対象外の性能です)ではメインバンドの周波数と合わせて2波同時受信を実現。メインバンドではAM/FM/WFM/SSB/CW、サブバンドはAM/FMモードに対応します。
聞きたいチャンネルと気になる周波数帯は書き込み済み。
1200chのメモリーと50ペアのプログラムスキャンメモリーを搭載、そのうち978ch、43ペアに人気の周波数を書き込み済み。バンクは初期状態で25(うち13バンクはカスタマイズ用)、メモリー編集ソフトを使えば最大50まで編集もできます。その他プリセットスキャンやサーチパス用にも別途メモリーチャンネルを多数設定しています。もちろん同時受信状態をまるごとメモリーするデュアルメモリーにも100チャンネルが割り当て。

型名 DJ-X11 オールモード広帯域受信機
メーカー アルインコ
受信周波数 メインバンド:0.05~1299.99995MHz
サブバンド :118~170.995MHz
電波型式 AM/NFM/WFM/CW/SSB
重量 約235g(付属のニッケル水素電池を含む)
寸法 61Wx106Hx38Dmm(突起物を除く)
アンテナ接栓 SMA型
付属品 アンテナ、リチュウムイオンバッテリ-(EPB-74)、
乾電池ケース(EDH-36)
充電スタンド・アダプターセット、ベルトクリップ、ハンドストラップ
 税別定価 54,800円


   税別 特価 38,000円
数量:


DJ-X11のオプション
型番 備考 税込定価 税込売価
EME-6 プチ型イヤホン 1,575円 1,350円
数量:
EME-26 カールコードイヤホン 1,890円 1,600円
数量:
ESC-50 ソフトケ-ス
2,625円 2,230円
数量:
EDC-174
充電スタンド(スタンドのみ)

付属品と同じ
4,200円 3,570円
数量:
EDC-139 ACアダプター
付属品と同じ
1,890円 1,600円
数量:
EDS-12 リモートコントローラー 2,940円 2,500円
数量:
EDH-33 シガーライターケーブル 2,625円 2,230円
数量:
ERW-7 PC接続ケーブル
USB仕様
4,725円 4,020円
数量:
ERW-8
拡大写真
PC接続ケーブル
リアルタイム操作用
minUSB-USB
4,725円 4,020円
数量:
スキャン機能もお任せ。
DJ-X11には以下のようなスキャンモードがあり、それらの動作をセットモードでさらに詳細にカスタマイズできます。例えばスキャン再開条件は信号が消えるまで受信し続けるビジーモードの他、特定の時間が経てば再開するタイムモードでは1~25秒のうち好きなタイミングが指定可能、加えて時間指定モードでは信号やスケルチの有無さえ関係なく、「自分が決めた時間(1秒~5分で設定)が経過したら次のチャンネルをモニター」することができるので、音声だけでなくACARS受信のようなスケルチを解放して受信するデータ信号のワッチにも威力を発揮します。

VFO スキャン:VFO モードで、バンド内の全周波数をあらかじめ設定したチャンネルステップでスキャンします。
プリセットスキャン:プリセットモードのバンド内の周波数をスキャンします。
メモリースキャン:メモリーモードで、メモリーに登録した周波数だけをスキャンします。
プログラムスキャン:スキャンする範囲の上限と下限を設定してその範囲内をスキャンします。
トーンスキャン:受信電波に含まれるCTCSSトーン周波数を自動的に判別する機能です。
DCSスキャン:受信電波に含まれるDCSコードを自動的に判別する機能です。
スイープスキャン:チャンネルスコープ動作中にスキャンをしながら受信レベルを表示していく機能です。スキャンと同様にバンド、プログラム、メモリーの3種類のスイープスキャンがあります。
プライオリティ受信
2つのチャンネルを交互に待ち受けて、受信の効率をよくする機能です。VFOモードで受信中のチャンネルを一定時間(5~60秒可変)受信するごとに選択したプライオリティチャンネルを0.5秒受信し、信号の有無をチェックします。メインバンド、サブバンド個別に動作させることができます。
充実の機構性能と付属アクセサリー
●内蔵バーアンテナとイヤホンアンテナでAM/FM放送を実用的に受信します。
●幅61×高さ106×奥行き38mm、235gのコンパクト&軽量ボディ。EDS-12を接続すれば、基本的な機能のリモコン操作や音楽プレーヤーとの併用ができます。
●大型ドットマトリクス液晶で、JIS第一水準の漢字全てを含む文字、記号や絵文字を表示(全角8、半角16文字)。照明はキーボード共、視認性抜群の明るさです。
●コーナープロテクター付きの頑丈なポリカーボネート製ボディ。キーボードにはタクトスイッチを採用、確かなクリック感は高級機の証です。
●大容量1800mAh Li-Ionバッテリーパック EBP-74、スタンド型急速充電器 EDC-174A、単三乾電池3本使用の乾電池ケースを標準装備。充電時間はスタンドで約4時間、付属充電器のアダプター(EDC-139)のみを使い、外部電源端子を使用して約6時間、もちろん継ぎ足し充電も可能です。運用時間はMAXボリューム連続で約15時間、FMシングルモード受信では高性能単三アルカリ乾電池3本またはEBP-74バッテリーパック、ともに約35時間を達成しました。付属のベルトクリップは装着感抜群のループベルトタイプです。
新機能と進化した機能
●数字キー操作時や入力した周波数、盗聴器発見を日本語で発声する音声ガイドを、弊社受信機に初採用しました。まだ視覚にご不自由のある方に100%ご満足いただけるレベルではないかも知れませんが、以前からご要望の多かったリクエストになんとかお応えしたいと努力しました。
●近くから出ている強力な信号に素早く同調するFチューンと周波数カウンター。従来の機能より精度をアップして、いっそう高性能になりました。
●選択受信にはDCS、TSQ、逆TSQ、MCA対応空線信号キャンセルを採用。盗聴器発見機能はサウンド・サイレント、さらに二つを連続動作させることもできます。
●チャンネルスコープ、選べるスキャンスピード、低域&高域をカットする音質調整、メインサブ独立RFゲイン、アッテネーター、外部電源6V対応等々、アルインコのフラッグシップ・ハンディレシーバーにふさわしい、多彩な機能を満載しました。
パソコンとの連携を強化、データ通信のデコードにも!

充電スタンドからUSBでパソコンと接続、リアルタイムにPCでX11を操作するリモート機能、メモリーユティリティソフト、ケーブルクローンの他、イヤホンジャックからIQ信号や検波信号をパソコンに入力してSDR(Software Defined Radio)、AIS(自動船舶識別装置)やACARS(VHF
民間航空機の位置情報デコード)信号プロットなど既存の受信用ソフトウエアに対応します。
※PCへの接続やケーブルクローンには別売や市販のケーブルが必要です。

【ソフトウエアとPC接続について】
メモリー編集ソフト(ユティリティソフト)は弊社WEBサイトにて無償配布いたします。別売のERW-8ケーブルを使ってリアルタイム・コントロールができるコマンド・リストも同様にダウンロードして、ウインドウズ標準のハイパーターミナルのようなターミナルソフトを介してパソコンによるキーボード操作をして頂けます。また、3.5mmφステレオミニプラグが両端に付いた市販のケーブルを使って、イヤホンジャックより取り出すAF信号で1200bpsパケットや航空機位置情報プロットのACARS、同じく検波信号出力により9600bpsパケットや船舶位置表示プロットのAIS、さらには位相差90°のIQ信号を出力させて英語ながらフリーウエアで配布されている各種のSDR(Software Defined Radio)を使い、ソフト上でDJ-X11に搭載されていないデジタルシグナルプロセッサを通した低ノイズ受信、フィルタを通した混信除去といった高級デスクトップ機のようなオペレーションを楽しむための受信部ユニットとしてもお使い頂けます。なお、この機能については弊社では開発時に代表的なソフトで最低限の動作を確認しておりますが、このようなサードパーティ製ソフトは多岐に渡り、全てのソフトとDJ-X11の相性を検証することはできないほか、ユーザーの無線受信やパソコンに対する知識、使用されるパソコン自体の性能などの関係で弊社が無条件にこれらとの動作を保証することと、これら特定のソフトウエアのご使用についてサービスセンターでのサポートを行うことは一切致しかねますので、予めご了承ください。